薄毛治療の方法は育毛がいいか?発毛がいいか?

薄毛が気になったり、毛を早く伸ばそうと思ったときに、みなさんは「育毛剤」とか「発毛剤」を使おうと考えたことはありませんか?ただし、そこで考えてしまうのが「自分の場合、育毛剤と発毛剤のどちらを使ったらよいのだろう?」ということです。字に書いてもわかる通り、育毛と発毛は違います。一応の基準としては、

・育毛…うぶ毛を含め、今生えている髪の毛を太く丈夫に育てていくことです。育毛剤であれば、脱毛を予防したり、フケやかゆみも抑え、丈夫な髪を育てるものです。

・発毛…さまざまな原因によって髪の毛が生えなくなった状態の毛穴から、再度発毛させることです。発毛剤であれば、髪の毛に直接作用するのではなく体の内部に作用します。毛母細胞の働きを活性化させ、休止期にある毛根から再び発毛させるものです。

ただし、発毛効果のある製品でも、販売等の関係に配慮しています。実は育毛剤として認可を取っている製品もあります。しかしこれらはあくまでも、言葉の意味です。実際には、育毛剤と発毛剤は製品としてはしっかり区別されているものの、同じようなものとして認識されており、それらまるごと育毛剤として考えている人が多いです。

そのため、「育毛剤と発毛剤のどちらを使ったらよいか」というよりも、その人がどんな髪の悩みを抱えているかによって治療法を選択することになります。今の自分の状態を見極め、自分に合ったケアは何かによって、育毛剤や発毛剤を考えましょう。髪を元気にするのか新しく髪を生やすのか。薄毛か抜け毛かの違いです。

ここで一つ効率的な発毛方法がありましたので、ご紹介いたします。それはミノキシジル系の薬とフィナステリド系の薬の併用による発毛方法です。ミノキシジルといえば、厚生労働省が医薬品として日本で唯一発毛の効果を認めた「リアップ」でしょう。その他にも、海外の有名な発毛剤「ロゲイン」で知られており、発毛によって薄毛を治療します。

またフィナステリドは、日本では医薬品「プロペシア」で知られます。抜け毛を抑えることで丈夫な髪を育てる薄毛治療です。どちらも薄毛治療で有名な薬です。ただ、ミノキシジルの発毛促進効果と、フィナステリドの抜け毛を抑える育毛効果で、発毛をより効果的に行なおうという併用治療の方法です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ