プロペシアは体質に関係無く効果が有る?

AGAの特効薬ともいえるのがプロペシアです。しかし、どのような体質の人にでも効果は有るのでしょうか。脱毛症による抜け毛は、遺伝性やストレスが原因となっています。まずは、AGAの原因を学び治療することが重要です。正しい知識を身につけ、効率良く薄毛を改善していきましょう。

脱毛症の原因として、脂性の体質が関係してることもあります。脂性の体質は、通常よりも皮脂の分泌量が多いのが特徴です。皮脂が過剰に分泌されると、毛穴に溜まり皮膚を覆ってしまいます。皮脂が毛穴に溜まると、毛根が育つのを阻害してしまうのです。更に、表皮に溜まった皮脂が外気に触れると酸化します。酸化した皮脂は細菌を増やし、毛穴に大きなトラブルを招くのです。

ここで重要なのは、頭皮のケアになります。プロペシアを使用する前に、頭皮を整えておくのです。頭皮をケアする基本は、清潔に保つことです。毎日使う枕や布団も、天日干をして細菌を除去します。注意したいのは、洗髪・頭皮の洗い方です。無闇に何度も洗っている人は、逆効果の可能性があります。洗い過ぎると、皮脂が全て無くなってしまうのです。

皮脂が無くなると、より多くの皮脂を出すようになります。頭皮は軽く擦るくらいが、正しい洗い方なのです。次に、生活習慣を見直してみることも大切です。ストレスからAGAになる人も増えています。壮年に多く見られるAGAですが、近年は若年層も症状が出ているのです。ストレス社会といわれる世の中で、発散することができずにいます。

この悪影響が新陳代謝を狂わせ、ホルモン異常に繋がっているのです。ホルモン中には、5αリダクターゼとテストステロンがあります。この二つが混ざり合うとジヒドロテストステロンになるのです。ジヒドロテストステロンは、別名で脱毛ホルモンと呼ばれています。プロペシアは、この脱毛ホルモンを抑制する働きがあります。
原因になる5αリダクターゼを阻害する役割をするのです。脱毛ホルモンができるのを抑制し、毛根に栄養を与えるよう改善します。

毛根の毛母細胞が消滅していなければ、毛髪の再生は可能なのです。頭皮のケアを怠らなければ、次第に効果が現れるのです。遺伝性や脂性体質でも、プロペシアを使用すれば効果は期待できます。ストレス性の脱毛症は、不規則な生活習慣を正すことで治ることもあります。先ずは、自分が脱毛症になった原因を考えることが先決です。原因を改善しながら、プロペシアを使用するように心掛けましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ