プロペシアを使うならスカルプケアが大切

スカルプケアで、脱毛症を予防することもできます。しかし間違ったスカルプケアでは、抜け毛が治まることがありません。それは、頭皮と毛穴のメカニズムを理解できていないからです。毛髪は毛穴から育つことは知られています。では、毛穴から分泌されているものは何でしょうか。多くの人は、汗と勘違いすることでしょう。毛穴から分泌されるのは、頭皮表面を覆う皮脂です。皮脂は、皮膚を外部刺激から守る役割をします。

ですが、一方で毛穴を詰まらせる原因ともなるのです。毛穴には皮脂腺と呼ばれる部位があり、毛根と隣接しています。身体に何らかの異常が現れた場合は、皮脂の分泌が多くなるのです。この皮脂の分泌がコントロールできなくなると、毛髪に影響します。毛穴が詰まると、毛穴から毛髪が出るのを邪魔してしまうからです。皮脂は、空気に触れることで酸化して固まることがあります。

これは角栓といって、毛穴を完全に塞いでしまうのです。毛根に栄養が行き届いても、育つことができません。皮脂が角栓になる前に、頭皮を奇麗にすることが先決です。頭皮が汚れていると、プロペシアの効果は激減するのです。顔の皮膚に角栓できると、ニキビの原因になることで知られています。角栓は毛穴に炎症を起こさせる天敵になるのです。しかも、皮脂はアクネ桿菌の食用になります。増幅させないように、しっかりとスカルプケアをしておきましょう。

スカルプケアに使用する洗浄剤は、専用の物を使うのが良いです。毛穴の汚れを浮かせて、流すだけの簡単なものがあります。スカルプケアをするときは、頭皮マッサージをすると効果が上がります。血行を良くすることで、毛根に流される栄養素を増やせるのです。スカルプケアを整えたら、プロペシアを試してみましょう。

プロペシアは医薬品になるので、飲み方にも注意が必要です。一日一錠を服用し、決してそれ以上使用してはいけません。また、効果が現れるのに数ヶ月を要します。最低でも、3ヶ月から6ヶ月の継続期間を持ちましょう。副作用として、発疹や蕁麻疹などが現れることもあります。アレルギー体質の人は、病院で専門医に相談する必要があります。大きな副作用の報告は無いので、正しく使用すれば問題ないです。

プロペシアの効果が現れるのに個人差が有るといわれています。若年性脱毛症に高い効果を発揮しますが、壮年性脱毛症は効果が下がります。数ヶ月で諦めずに、数年使用して効果が出た人もいます。自分なりに計画を立てて、プロペシアの使用期間を決めましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ