飲んでもすぐにフサフサにはならない!!

プロペシアとは男性型脱毛症の治療薬として開発されました。2005年に薬事認可された医薬品であり、「飲む育毛剤」というキャッチコピーで有名です。誤解されている方も少なくないのですがプロペシアを飲むことで得られる効果は育毛や発毛ではありません。簡単に説明すると脱毛を抑制する効果があるのがプロペシアです。

薄毛になってしまう主な原因は、毛包の矮小化と毛周期の短縮化だとされています。すると、毛髪が細く弱々しくなってしまうのです。そして毛周期が短縮化されることで毛髪が短いサイクルで抜け落ちてしまいます。その結果、時間の経過と共に薄毛が目立ってしまうのです。プロペシアを服用すれば、毛包の矮小化や毛周期の短縮化を防ぐことができます。そして、正常な状態に戻すことができます。

アメリカFDAに認可された薬品であるプロペシアは世界60ヶ国以上で承認されています。日本でも「国が認めた初の男性型脱毛症治療薬」としての実績と信頼を積み重ねているのです。放置しておくと確実に薄毛が悪化していきます。薄毛対策の最初の一手としてプロペシアを選び、脱毛を抑制することが男性型脱毛症の近道です。

プロペシアにはフィナステリドと呼ばれる有効成分が含まれています。世界的にはフィナステリドを1mg配合されているプロペシアが主流です。このフィナステリドですが、妊婦や妊娠の可能性のある女性には禁忌となっているので注意しましょう。

男性型脱毛症は、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが5α-リダクターゼ(酵素)によってジヒドロテストステロンに代謝されます。そのジヒドロテストステロンが毛乳頭に働き、脱毛タンパク質が生成され男性型脱毛症を招きます。プロペシアを用いると5α-リダクターゼをブロックすることでテストステロンからジヒドロテストステロンへの代謝を抑制します。その結果、脱毛を防ぐのです。

毛髪を増やすのではなく毛髪の脱毛を防ぎ、髪本来の正常な毛髪量を取り戻す働きがあります。気をつけなければならないのは、プロペシアが有効なのは男性型脱毛症のみということです。円形脱毛症など他の脱毛症に対しては効果は期待できません。さらに女性や未成年の方への安全性や効果は確認されていないことも覚えておきましょう。プロペシアの服用対象は成人男性のみということになります。服用の際は医師や薬剤師に相談の上、慎重に行いましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ