リアップとプロペシア、人気育毛剤を徹底比較

プロペシアは、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として開発された医薬品です。主な有効成分はフィナステリドとなっています。本来は前立腺肥大の治療薬として、1991年に開発が始まりました。そして1992年に商品化されたのです。

ところがプロペシア服用者から、摂取を始めてから毛髪が増加したという報告が相次ぎました。そのため、改めて育毛剤として開発されることになったのです。この経緯はリアップの主な有効成分であるミノキシジルと、よく似ています。リアップとプロペシアを比較して、まず違っている点としては医薬品としての区分があります。リアップは第一類医薬品であり、プロペシアは医療用医薬品に分類されているのです。

この医療用医薬品を手に入れるためには、原則として医師の処方箋が必要になります。ですからプロペシアは、基本的に医師の診察を受けた上で、病院や調剤薬局だけでしか入手できないのです。もちろん育毛のメカニズムもそれぞれ異なっています。リアップは髪の成長期に、血管拡張作用を用いて豊富な栄養を送り、毛乳頭細胞から成長因子を放出させることによって太く長い髪の毛を実現するのです。

それに対してプロペシアは男性型脱毛症に効果があり、抜け毛に至ってしまう原因物質の行動を抑制します。男性型脱毛症とは、男性ホルモンの一つ、テストステロンの増加により普通6年から7年とされる髪の毛の生え変わる周期が短くなっていく症状です。その原因物質はテストステロンが変化した、ジヒドロテストステロンとされています。

プロペシアは、このジヒドロテストステロンを生成する原因となる酵素、5α-リダクターゼの活動を抑制するのです。そして乱れてしまった毛周期を本来のサイクルに取り戻すことを狙いとしています。プロペシアは内服薬であり、1日1錠を決まった時間に飲めば大丈夫です。このように育毛剤として様々な点で比較されているのがリアップとプロペシアになります。

しかし同じように薄毛に効くといっても効果のある症状が全く異なるのです。そのため医師や専門家の研究でも、どちらが優れているかはハッキリしません。1日辺りのコストもほとんど差が無いのが現状です。肝心の育毛効果に関しては検証の結果で一番多いのは「どちらも効果的」というものでした。

他の要素でもリアップとプロペシアに大きな差異は認められなかったのです。もちろん脱毛の原因も様々ですので脱毛のタイプをしっかり診断してもらうことが重要になります。リアップで効果が感じられない方なら医療用医薬品であるプロペシアを試してみる価値はあるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ