プロペシアの歴史

プロペシア(フィナステリド)の歴史プロペシアの主成分は、「フィナステリド」といい、AGA(男性型脱毛症)の原因といわれる男性ホルモンの働きを抑制する効果を持ちます。実はこの「フィナステリド」、元々AGA(男性型脱毛症)の改善を目的として開発が進めらてきた成分ではありません。

フィナステリドはアメリカのメルク社によって1991年に開発が始まったまだ歴史の浅い成分です。「フィナステリド」は元々、前立腺肥大や前立腺癌の治療薬として、1992年に「プロスカー」の名前で認可された成分です。その後も臨床実験を繰り返すうちに、多数の患者から「髪の毛が増えた」「抜毛が減った」などの副作用が訴えられ始めます。このころから本格的にAGA(男性型脱毛症)の内服薬として開発が進められていきます。

アメリカ食品医薬品局(FDA)は1997年にフィナステリドをAGA(男性型脱毛症)の治療薬として認定し、現在では世界60カ国以上で承認・使用され、日本では1年間の臨床実験をおこなった後、厚生労働省で2005年に承認され米メルク社の日本法人、MSD社(旧万有製薬)から発売が開始されることになります。

今現在ではプロペシアを服用することで、AGA(男性型脱毛症)患者の実に95%以上が、AGAの進行が止まるなどの改善が認められています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ