服用する年齢によってはプロペシアの効果が期待できない?

統計的に見ると男性型脱毛症は30歳前後の方が多いとされています。そのため30歳以上の男性特有の症状だと考えられてしまいがちです。実際には10代でも抜け毛が増えるなど、男性型脱毛症の症状に悩まされる場合もあります。そんな男性型脱毛症に大きな効果があるのがプロペシアです。飲む育毛剤として秘かな話題となっています。

プロペシアに含まれるフィナステリドという有効成分が男性型脱毛症に効果的です。しかし年齢によっては服用の際に制限があります。年齢に関わらず何歳であってもプロペシアの服用ができるわけではありません。日本国内では基本的に20歳以上の方からの服用が原則です。そのため20歳未満の方の場合は、残念ながら医療機関では処方されません。

プロペシアには、ジヒドロテストステロンという薄毛の原因物質を発生させる還元酵素の働きを阻害することで、男性型脱毛症の治療に効果があります。しかし、このジヒドロテストステロンは、男性の生殖器の成長に欠かせない物質でもあるのです。そのため、生殖器の成長過程にある未成年がプロペシアを服用すると、体内のジヒドロテストステロンが減少してしまい、生殖器の成長に悪い影響が出てしまう可能性があります。ですから日本国内では未成年に対してプロペシアを処方されませんし、服用も禁止されているのです。

逆に高齢の方の場合、十分な効果が得られにくいという臨床結果が報告されています。何故かと言うと男性型脱毛症は加齢と共に進行していく症状です。服用を始める年齢が遅くなるほど薄毛が進行してしまいます。対策が遅れれば遅れるほど効果が期待できなくなってしまうのです。気がついたときには既に手遅れになっている場合も少なくありません。

そのため高齢の方がプロペシアを服用しても改善が難しい状態になってしまうのです。このような理由から20歳を超えて薄毛が気になりだした方は、なるべく早めにプロペシアの服用を開始するのが良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ