薄毛に悩むなら、プロペシアを使おう!

薄毛は徐々に進行する特徴があります。
「まだ、大丈夫、そんなに目立たないから・・・」
そんな安易な気持ちが、後に大きなトラブルとして残るのです。

放っておいても、薄毛・抜け毛は治りません。男性型脱毛症は、生え際や頭頂部に薄毛が現れます。クシで毛髪を整えるとき、就寝時などに抜け落ちることが多いです。起床時に、枕に抜け毛が落ちていることが日常になります。

洗髪時には、数百の毛髪が抜けると言われています。この要因として、毛髪に栄養が届いていないことが考えられるのです。毛髪の必要栄養素は、血流と共に運ばれてきます。つまり、血流が悪いから栄養素が不足しているのです。

栄養が少ない毛根や毛髪は、細く痩せてしまいます。毛根が細いと、毛穴から抜け落ちる毛髪が増えるのです。毛髪の栄養不足は、ホルモンバランスが崩れているのが原因です。プロペシアは、このホルモンを抑制するために使用します。男性型脱毛症の原因物質で、DHT(ジヒドロテストロン)があります。DHTは、5α還元酵素とテストステロンが干渉して生成されるのです。

DHTが生成されると、毛周期に異常を与えます。毛周期は、抜け毛・成長初期・成長期・成長後期・退行期を繰り返します。DFHTは、この成長期を阻害し毛髪に栄養を与えてくれません。成長しないまま抜け落ちる毛が増えると、脱毛症に成るのです。プロペシアは5α還元酵素を抑制し、DHTの生成をさせません。しかし、プロペシアも万能薬というわけではありません。

一旦乱れてしまった毛周期の改善には時間が掛かります。ましてや、プロペシヤの使用中にDHTが増殖することも考えられるのです。つまり、男性型脱毛症の治療にはかなりの期間が必要となるのです。男性型脱毛症は、ストレス・体質・遺伝性が考えられます。中には、薬の副作用で薄毛になっていることも有るのです。

暴飲暴食や喫煙、睡眠不足などでストレスになることもあります。不規則な生活をしていると、脱毛症は進行するばかりです。他に考えられる脱毛症はあります。円形脱毛症・脂漏性脱毛症・粃糠性脱毛症・対症性脱毛症などです。

自分がどの種類の脱毛症か判断できないときは、専門家に相談しましょう。プロペシアは、男性型脱毛症に特化した薬品です。他の症状で使用すると、トラブルが発生するかもしれません。また、女性や未成年者は使用することができないので注意してください。肝機能障害の有る人にも、使用を禁止する傾向が有るようです。血液検査などをしてもらい、使用可能であるか調べておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ