プロペシアの効果が表れる目安はどれくらい?

プロペシアは医薬品で、サプリメントとは別扱いになっています。

使用期間は、数週間では効果が得られないことが基準です。数ヶ月から数年の長期間で、効果が出ると言われています。サプリメントや育毛剤を使用して、改善したという口コミもありました。

しかし、AGA(男性型脱毛症)は数週間で効果が出るものではありません。育毛に良い栄養成分を、たくさん摂取しようとも吸収されるのは極僅かです。その極僅かな成分で育毛に成功したのなら、驚愕することでしょう。軽度のAGAとしても、若年性脱毛症の部類ならば可能性は否定できません。そこで、より育毛効果を出せるように体内外を改善するのです。

まずは、脱毛症に関連するような悪循環を止めることから始めます。外的要因から、しっかりと確認しておきましょう。頭皮は荒れていないかをチェックし、刺激を与えないようにします。洗うときは強く擦らず、撫でるくらいの力で十分です。毛髪の水分を拭き取るときは、ゴシゴシ拭かずに軽く加減しましょう。

毛髪を乾かすときも、ドライヤーの当て過ぎは厳禁です。頭皮が乾燥するばかりか、毛髪の水分が蒸発して潤いがなくなります。また、整髪料を使うのも控えてカラースプレーなどの使用を止めましょう。カツラを利用している人は、薄いウィッグに変えたほうが無難です。

部分カツラは、周りの毛髪の成長に合わせてカットが必要になります。人工植毛をしている人は、頭皮の肌荒れが特に酷いようです。人工植毛は他人の毛髪を頭皮に植え込みます。もう一つは荒い治療方法で、自毛移植が存在します。頭皮の毛髪が有る部分を剥いで、薄毛部位に移植するのです。

以上で挙げてきたことは、育毛を阻害することに繋がっています。体内に悪影響を及ぼすのは、生活習慣の乱れが多いです。男性ホルモンの異常は、生活習慣によって左右されます。ホルモンバランスが崩れると、異常なホルモンが作り出されます。このホルモンはDHT(ジヒドロテストロン)です。別名を脱毛ホルモンとも言われる、強力な男性ホルモンなのです。このホルモンの量が多いと、AGAの改善には時間が掛かります。ですから、プロペシアで脱毛ホルモンの原因である酵素を抑えるのです。

原因になる5α還元酵素を抑制すると、脱毛ホルモンは現れません。プロペシアを使用すれば、直ぐに効果が現れることもないのです。急激に体内のホルモンを変化させると、身体に異常が出てしまいます。プロペシアは、徐々にホルモンを改善してくれます。使用期間は、長期間であることを考えておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ