プロペシアの効果を出すには?

プロペシアを使用すると、必ず効果が出るとは限りません。では、どうすれば効果を得ることができるのでしょうか。プロペシアの使用は、男性に限られています。それは、男性ホルモンを調整する医薬品だからです。詳しい人は、女性にも男性ホルモンが有ることを知ってます。しかし、通常の男性よりも量が少なくプロペシアには向いていません。プロペシアは強力な男性ホルモンを、抑制することが目的なのです。

男性型脱毛症に悩む男性は、人口の半数近くになるといわれています。症状が現れるのは頭頂部が多く、生え際も薄くなります。年齢に関係なく症状が出るので、自己判断は難しいです。使用する前には必ず、男性型脱毛症であるか検査をしておきましょう。

男性型脱毛症の検査は、血液と毛髪の遺伝子配列を調べます。毛髪の専門医療機関で、検査を受けることができるので利用しましょう。検査で男性型脱毛症と診断が出たら、プロペシアを使うことができます。サプリメントと違い、使用するのにも注意が必要です。服用するときは1日1錠を守らないと、トラブルが発生してしまいます。朝・昼・夕・の、いずれかで毎日の服用を習慣づけましょう。食前か食後に、水かぬるま湯で服用してください。

効果が出ないと、直ぐに止めてしまう人がいます。
そこには、効果が出ない原因が有るのかもしれません。原因の一つは、毛穴の汚れです。皮脂の残りや、古い角質が毛穴に詰まっている可能性があります。毛穴を奇麗にして、育毛の準備をしておきましょう。

もう一つの原因は、毛髪の成長ができていないことが考えられます。抜け毛が多い部分の毛髪が、コシやツヤがなく細くなっている状態です。そのような状態では、毛根も小さくなっています。正常な毛根は球状になっており、毛穴から抜け落ちません。毛根に栄養を与えるには、亜鉛を補充すると効果があります。亜鉛は、肉類・魚類でも摂取することができます。

季節的な食になりますが、牡蠣(かき)が多くの亜鉛を含んでいるのです。食事療法を用いながら、プロペシアを使用すれば効果が出る期待はできます。男性型脱毛症は、薄毛の部位にある毛穴に毛根が残っている状態です。ですから、ホルモンバランスを正常にできれば毛根も育ちます。男性ホルモンと還元酵素が、脱毛ホルモンを作ってしまいます。プロペシアは、還元酵素が男性ホルモンと結びつく前に抑制するのです。頭皮の改善と食事療法を併用することで、効率良く効果を引き出しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ