プロペシアは一体どのくらいで効果が出ているのか

アメリカの「メルク社」が開発して以来、世界60ヶ国以上で信頼されている「プロペシア」。男性ホルモンに起因する「AGA治療薬」として、多くの病院で処方されています。世界でもチェック項目が多い日本でも、2005年に治療薬として認められています。ココでは、そんな「プロペシア」の効果について書いていきます。

薬の効果が出ているかどうかを判断するためには、病気の原因を知っておかなければなりません。「AGA」の原因物質は、「DHT」(ジヒドロテストステロン)だとされています。この「DHT」は、男性ホルモンに作用して毛髪の毛周期の「成長期」をブロックしてしまいます。その結果、毛髪のボリュームダウンや抜け毛につながる「退行期」と「休止」を長くします。
これでは脱毛しやすい状態になるのも当然です。

「プロペシア」は「DHT」活発にする「5α-還元酵素」が分泌するのを阻止します。これにより、「成長期」にある毛髪を守ることができます。この「成長期」が少しでも長くなれば、髪にコシが生まれて一本一本が抜けにくい状態になっていきます。使用に際して踏まえておかなくてはいけないことは、「プロペシア」が「AGA」に特化した治療薬であるということです。

同じように見える脱毛症でも、「円形脱毛症」や女性の脱毛症・抗癌剤によるものには効果がありません。さらに、思うように効果が出ないことに焦ってはいけません。毛周期にアプローチする薬なので、3ヶ月~6ヶ月ほどは最低でも時間を要します。さらに、アメリカと日本の「プロペシア」についての研究結果について書いていきます。

【アメリカの場合】
◆多少は体質と生活習慣に原因があることもあります
母方の祖父の髪の状態が大きい、という結果が出ているのです。

【日本の場合】
※「プロペシア1mg」の使用で調査した結果

脱毛について
・1年の使用で・・・ 58%が改善
・2年の使用で・・・ 68%が改善
・3年の使用で・・・ 78%が改善

現状維持について
・1年の使用で・・・40%が成功
・2年の使用で・・・31%が成功
・3年の使用で・・・20%が成功
脱毛と現状維持を合わせたトータルの平均が、98%という結果が出ました。

さすがはデータ収集の日本!という印象です。当然、この他にも生活習慣の違いが影響してますので注意しましょう。特にタバコに含まれているニコチンは、頭皮の血流を悪くしてしまいます。本気で治療を目指すなら、まずは禁煙してからスタートしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ