プロペシアが効かない人がいるのはなぜ?

プロペシアが効かない人がいるのはなぜ?アイキャッチプロペシアはAGAに効果的な治療薬です。
プロペシアを長期服用することでAGA患者の90%以上がAGAの進行を抑制、もしくわ改善できるという臨床試験結果がでており、アメリカはもちろん日本の厚生労働省でも承認されている、飲む育毛剤です。

しかし、完璧な治療薬などは存在しません。
もちろんプロペシアも例外ではなく、AGAであっても数%の患者には効果がなかった事は臨床試験で証明されています。残念ながらAGAであるにも関わらずプロペシアの効果が得られない理由は詳しくわまだ解明されていません。

ただ、中にはプロペシアに対する基礎知識がないために効果がないと思い込んでいる場合、そもそもAGAによる脱毛症ではない場合などの単純な理由からプロペシアが効かないと思い込んでいる場合もあるようなので、よくある事例をまとめておきます。

その症状、AGAですか?

AGAの原因は、 「ジヒドロテストステロン(DHT)」ですが、この「ジヒドロテストステロン(DHT)」を作り出すのが 5αリダクターゼ(還元酵素)です。プロペシアは5αリダクターゼ(還元酵素)の働きを阻害し 「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を抑制することによりAGAの進行を抑制します。

つまり5αリダクターゼ(還元酵素)が関わっていない脱毛症には効果は期待できません。

円形脱毛症

一般的に10円ハゲといわれる脱毛症。
頭部の一部分または複数個所円形に髪の毛が抜け落ちてしまいます。原因はまだ解明しきれていない部分もありますが、ストレスなどによる自己免疫疾患が主な原因と考えられています。
( 円形脱毛症は髪の毛に限らず、体毛・眉毛・まつげなどの部位の毛も脱毛することがあります)

本来は身体の防御機能であるリンパ球がストレスなどが原因で毛根部分の自己抗原を誤って攻撃してしまうことによって円形脱毛症が発症するとされています。

ただし、ストレスをほとんど感じないとされている、乳幼児にも発症事例があることから、ストレスはあくまで円形脱毛症を引き起こす原因の1つにすぎないと考えられています。

このように円形脱毛症は5αリダクターゼ(還元酵素)との関わりがないためプロペシアによる脱毛改善は期待できないでしょう。

②脂漏性脱毛症

過剰に分泌された皮脂が毛穴を塞ぐことによって起こる脱毛症。
ただし、直接的な原因は過剰に分泌された皮脂が毛穴を塞いでしまいうことよりも、毛穴の奥(毛根部分)にまで皮脂が侵入し毛根周辺を炎症させてしまうことにあります。

AGAとは違い脂漏性脱毛症になるケースはごく稀で、脱毛症で悩む方の2%にも満たないとされています。自分が 脂漏性脱毛症かどうかは皮膚科などで診察してもらうしかないのですが、「少し皮脂が増えたなーー」と感じる程度ではおそらく 脂漏性脱毛症ではありません。 脂漏性脱毛症は素人目から見ても明らかなくらい以上に皮脂が分泌されている上、皮膚が肉眼で確認できるほど炎症を起こしているはずです。

肝心なプロペシアによる治療効果ですが、円形脱毛症同様に5αリダクターゼ(還元酵素)との関係性が認められないので、ほとんど効果は期待できません。

しかし、脂漏性脱毛症の異常な皮脂分泌はホルモンバランスの崩れが原因とされているため、「プロペシアを服用することにより何らかの変化がみられるかもしれない」という説もありますが、まだ解明しきれていないというのが実状です。

抜毛症

健康な髪の毛を自分自身で引き抜いてしまう性癖の一種で抜毛癖(ばつもうへき)、禿頭病(とくとうびょう)とも呼ばれています。
(髪の毛以外にもまつ毛や眉毛などを無意識に引き抜いている場合もあります。)

この症状は比較的理性の効かない子供に起こりやすい精神疾患で子供の頃に発症し大人になっても引き抜き続けるケースも少なくありません。

原因としては円形脱毛症と同様に日常的に強いストレスを感じていると発症しやすいといわれ、治療には薬と言うよりは専門医によるカンセリングを必要とします。

もちろんAGAの原因でもある、5αリダクターゼ(還元酵素)とは関係性が無い為、プロペシアを服用しても抜毛症は改善されません。

プロペシアは効果があらわれるまでとにかく時間がかかる

プロペシアは服用すれば「すぐにAGAは改善する」という物ではありません。
継続的に服用していくことが必要不可欠となります。

どんなに早く効果を実感できる人でも最低でも3ヶ月はかかります。
一般的には6ヶ月で効果を実感でき、遅い人なら2年~3年程度効果を実感できない場合もあります。

プロペシアの効果が実感できるのに、なぜこれほどの個人差があるのかはまだ解明しきれていないのですが、ヘアサイクルが関係している考えられています。私達生物に寿命があるように、髪の毛自体にも寿命が存在します。

髪の毛が成長する成長期
髪の毛の成長がとまる退行期
髪の毛が抜け落ち、さらに新たな髪の毛が成長するための準備をする休止期
※この一連の流れをヘアサイクル(毛周期)といいます。

健康な状態の髪の毛は2~6年をかけてゆっくりと成長していきます。この髪の毛のゆっくりとした成長速度がプロペシアの効果をなかなか実感できなかったり、その効果に個人差がでてしまう理由の一つだと考えられています。

以下はMSD社から発表されている国内長期投与試験におけるプロペシアの効果です。
服用1年後 58%改善 40%維持 2%進行
服用2年後 68%改善 31%維持 1%進行
服用3年後 78%改善 20%維持 2%進行
※AGAは進行性の脱毛症です。つまり改善されていなくとも「抑制」つまり現状を維持できている時点でプロペシアの効果がでていると言えます。

上記の試験結果からもプロペシアは長期間服用することによって効果を発揮するAGA治療薬だということがわかると思います。

毛母細胞が弱っていると効果がでにくい

AGAの症状が進行し生え際や頭頂部の髪の毛が全く(もしくは、ほとんど)無い状態では髪の毛を作り出す毛母細胞が弱っている(もしくわ死んでいる)可能性があります。髪の毛は毛母細胞が死なない限りヘアサイクルを繰り返し新たな髪の毛を作り出してくれるのですが、この毛母細胞が弱っているといくらプロペシアを服用し5αリダクターゼ(還元酵素)の働きを阻害してもその効果は得られません。

また、髪の毛は血液の中に含まれる栄養素や酸素を供給されることで成長を促されます。偏った食生活や寝不足などにより十分な栄養素や酸素が供給されていないと、上記と同じ用にプロペシアを服用してもその効果はなかなか感じることができません。

プロペシアはAGAの進行の抑制・ミノキシジルは髪の毛の成長を促進

「プロペシアを飲むことによって髪の毛が増える!!」という表現を最近良く耳にしますが、この表現は完全に間違っていないものの、正解でもありません。

プロペシアの主成分であるフィナステリドはAGAを進行させる「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を抑制させる治療薬です。したがって、髪の毛自体を増やすものではなく、「ジヒドロテストステロン(DHT)」によって異常に短縮されてしまったヘアサイクルを通常のヘアサイクルに戻し、さらにヘアサイクルが短縮されないように「ジヒドロテストステロン(DHT)」が増えないよう5αリダクターゼ(還元酵素)の働きを阻害する「抑制効果」を期待できる治療薬となります。

プロペシアは短縮されてしまったアサイクルを通常のヘアサイクルへ戻す働きがあるので、結果的に髪の毛が増えたように感じるのですが、髪の毛のボリュームが増えたのではなく髪の毛のボリュームが通常に戻ったというのが正解でしょう。つまり、遺伝などの影響で元々が軟毛・細毛・薄毛だった場合はいくらプロペシアを服用しても、髪の毛のボリュームが増えることは考えにくいでしょう。

ここで効果を発揮してくれるのがミノキシジルとなります。
ミノキシジルは元々は高血圧の治療のためアップジョン社によって開発された血管拡張剤です。プロペシアの主成分であるフィナステリド同様に副作用として発毛がみられたため、発毛剤として転用されるようになります。

その効果についてですが、プロペシアがAGAの根源的原因である5αリダクターゼ(還元酵素)の働きを阻害することによって、AGAの進行を妨げるのに対して、ミノキシジルは血管を拡張させ毛母細胞や毛乳頭を活性化し、ヘアサイクルの成長期の期間を延ばし、髪の毛が新たに生え変わる準備期間「休止期」を短縮させ、髪の毛自体を太く長くする期間を延ばす効果が期待できる成分となっています。

まとめると

プロペシアは髪の毛のボリュームがUPしていなくてもAGAの進行が抑制できていればある程度効果があると言えます。さらに、髪の毛にボリュームを付けたいのであればミノキシジルを併用するのが望ましい

と言えます。

ちなみにフィナステリドとミノキシジルの成分は薬理作用が異なるため併用しても問題ないとされており、専門のクリニックなどで独自の発毛・育毛プログラムともに使用されている場合が多い成分となっています。

商品の詳細は画像をクリック!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ