プロペシアの副作用と注意点について知っておきたいこと

「プロペシア」は、「AGA」という男性型脱毛症の治療薬として、我が国でも認められています。男性ホルモンのエネルギー源とも言える「5α-還元酵素」を抑えてくれる、画期的な薬です。「AGA」に長年悩んでいる人の頭皮は、健康な頭皮を持っている人に比べて「5α-還元酵素」が過剰に分泌されているのです。

これが原因となる脱毛をストップさせるには、男性ホルモンのバランスを意図的に崩すことが必要なのです。基本的には安全な薬なので、副作用が出る確率はとても低くなっています。しかし、作用があれば副作用も無視することはできません。

【プロペシアの二大副作用】

・性欲の減退
・インポテンツ

いずれの症状も、男性にはとても深刻な副作用だと言えます。しかし、それほど発生率の高くないものだということも理解しておきましょう。それぞれの副作用の発生率は、次の通りです。

・性欲の減退・・・1.1%
・インポテンツ・・0.7%

どうでしょうか?
意外なほど低いでしょう?

だからこそ、日本政府も正式に「AGA」の治療薬として承認したのです。あまり神経質になりすぎると、精神面が原因で上記のような症状に陥ることがあります。そして実は、これらの副作用よりも重大な病気につながる症状があるのです。

「肝機能障害」です。

今のところ、副作用として発生する頻度すら明確にはなっていません。だから、むしろ「肝機能障害」の方が医師は慎重に経過を見ているとされています。もしも、「プロペシア」の服用で体調も変化を感じたら、すぐに中止して医師に相談して下さい。

【プロペシアの注意点】

この薬はあくまでも「男性ホルモン」にアプローチすることで効果が得られます。そのため、同じ脱毛症でも「円形脱毛症」には効いてくれません。さらに、薬の性質から長期的な視点で服用を続けることが第一条件なのです。

悩んでいるのですから、できるだけ早く効果が出て欲しいのが本音でしょう。しかし、服用を始めてから最低でも6ヶ月は経過観察が必要です。さらには、女性にとっては「プロペシア」は危険な薬だと知っておきましょう。もしも妊娠中の女性が服用すると、危険なことがあります。それは、妊娠しているのが男児だった時は特に顕著です。最悪の場合は、生殖器官の発育に悪い影響を及ぼすことがあります。「プロペシア」を服用している夫がいる人などは、特に注意が必要です。

意外な注意点をここで一つ挙げます。
「プロペシア」を服用している場合は、献血をしてはいけません。これは、献血した血液が妊婦さんの体内に入り込んでしまうのを防ぐためです。もし、どうしても献血したいときは「プロペシア」の服用を1ヶ月ほどやめて下さいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ