気をつけたいプロペシアに対するアレルギー反応について

プロペシアは、日本人男性に多く見られる、男性ホルモンの過剰分泌によって引き起こされる、男性型脱毛症に有効な薬です。日本だけでなく世界各国で用いられています。男性ホルモンが髪の毛の発育を妨げる、ジヒドロテストステロンに変化するのを阻害する働きを持っているのです。

プロペシアを服用すると抜け毛の量が減り、次第に髪の毛が増えていきます。服用を始めてから、おおよそ4ヶ月くらいで効果がハッキリと出てくるでしょう。多くの薄毛を気にされている方から愛用されているプロペシアですが、配合されている成分にアレルギーを持っている方は使用することができません。これまでに薬を飲んでアレルギーの症状が出たことがある方は、プロペシアでもアレルギーの症状を引き起こす可能性があるのです。

あらかじめプロペシアの成分に対してアレルギー反応が出ないか確認しておくことが安全でしょう。また極めて稀ですがプロペシアの成分が体質に合わない場合、副作用が出る可能性もあります。副作用としては痒みや蕁麻疹(じんましん)がでることがあるのです。

プロペシアを利用する方の5%未満が副作用を感じられるとされています。他にも初期脱毛が起きたり、胃の不快感や腹痛、下痢などを起す場合があるのです。さらにプロペシア利用者の1%未満の方に勃起しにくくなったり精液の量が減少するなど男性機能に関する副作用が出るとされています。この副作用は、プロペシアが男性ホルモンに対して作用を持つものだからです。

服用している間に妙な違和感を覚えたり体調の変化を感じたなら、速やかにに服用を中止して医師や薬剤師に相談しましょう。プロペシアの服用をやめた場合、ほとんどの副作用などの症状がすぐに治まります。また重篤な状態に陥る副作用などはプロペシアに関しては報告されていません。もちろん、どのような薬品であっても作用があれば副作用もあります。用量や用法を間違えなければ安全性の高い薬と言えるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ